theoria(テオーリア) まるみの 湯気の向こうに 見えるものを心の眼差しで観想する 小さな旅へのいざない

FrontPage

文字サイズ:

(文字を大きくしたい場合は、右上のボタンをクリックしてください)


また大きな災害が起きてしまいました。
関西も北海道も、その映像を見ると、鳥肌立ちます。
被災された方たちは、どんな思いをされたことでしょう。
お気の毒です。
一日も早く、日常に戻ることができますように。

明日は我が身。
心して自身の減災について、考えましょうね。

異常気象のうえに、本格的な台風シーズンになりました。

最近の天気予報では、使われる言葉が変わってきましたよね。

「危険な」「未だかつてない」「観測が始まって以来の」「想定外」
「ただちに」「緊急に」など。そしてこれから聞きなれない言葉が、ますます増えていくことでしょう。

天災の前では無力な人間は
本能に直結した感覚を鈍らせることなく維持していかないと
生きのびられないのかもしれません。

でもだからこそ、何も考えず心おきなく、お湯には揺れたいものですよね。

先月、1年2カ月ぶりに、群馬の峰旅館に行ってきました。
気温が高いせいだと思いますが
お湯の温度が高くなっていて、驚きましたが、
相変わらずの、懐かしく、豊かで心安らぐお湯でした。

いつも私の体調を気づかっていただき
掲示板やメールで励ましてくださり、ありがとうございます。
その励ましで力づけられています。

感謝いたします。

ささやかな文章ではありますが、
掲示板に日々のことを書くことは、続けていきたいと思います。

自分を信じて。

まるみ




















復興の応援を忘れてはいけない

福島原発事故に関する正確な情報を得るために


パンドラの匣の底から… swfu/d/logoLeafy3.png  


国境なき医師団









nolink
掲示板 と 日々のこと

2009年6月5日から  見にきてくれた人 939513人

powered by Quick Homepage Maker 4.15
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional